« 好きな道具 | トップページ | あれから »

2012年2月27日 (月)

写真と音楽(2)

3/15のライヴの準備を進めている。

このライヴでは、作曲家としてピアノを弾き、写真家として一部の曲の背景に写真をプロジェクトする。

私は今もっとも音楽と写真の関係を考えている者の一人だと自負しているが、以前は両者は別物、音楽は音楽、写真は写真だと思っていた。同時にやることがあっても、それはコンサートに変化をつけるためくらいの軽い認識だったと思う。それは、それぞれをつくるプロセスの違いにばかり意識が行っていたからだ。

ところが近年、実は似ているのではないか、写真と音楽には、思っている以上に共通点があるのではと思うようになってきた。

あるテーマ性のもと、可能な限り撮影し、多くのネガの中からセレクトし、それを暗室でプリントというものに仕上げるプロセスは、テーマを決め、可能な限り多くのモチーフのスケッチをし、その中から主題になりうるものをセレクトし、曲として構築するというプロセスに似ている。

写真のトーンは、音楽のハーモニーと共通点が多いし(同じ「キー」という言葉が使われたりする)、写真の、シャドーにウェイトを乗せる作業は、音楽の、ベースに圧力を持たせる作業に通ずる。

現代人の耳に、クラシック音楽が(非常に緻密できわめて高度なことをやっているにも関わらず)なぜ退屈に聞こえてしまうかということの理由を考えるとき、それを写真にしたらどんな画になるかを想像してみると、案外ヒントが見えたりする。

3/15のライヴは、想像の中で画を展開しながら弾くことを、これまで以上に意識したいと思っている。ピクチャーを時間軸の聴覚に置き換えたい。聴き手のイマジネーションを信じ、そこに向けて音を響かせたいと思う。

_1114990

(c) all rights reserved

|

« 好きな道具 | トップページ | あれから »