« 写真と音楽(2) | トップページ | 視座 »

2012年3月11日 (日)

あれから

1年経った。

起きた直後、大いに悩んだ。自分に何ができるのかと。

とにかくやれることをやろうと、わずかではあるが募金やボランティアをし、チャリティイベントに参加したり企画したりしたが、自分に本当の意味でのお役目あるとしたら、それは違うところにあるのではないか、そんなことを感じながらやっていた。

さんざん考えて、自分なりに出した結論は、被災地の方々をはじめ、理不尽な境遇、辛さを経験された方が、人生のどこかのタイミングで、たまたま何かの偶然で私の作品に触れる機会があったとき、その方の魂に寄り添い、その傷に深く共感することができる、そんな作品を一つでも多くつくる、というものだった。

なかなかそのお役目を全うすることはできないが、その想いに今も変わりはない。

L1002550

(c) all rights reserved

|

« 写真と音楽(2) | トップページ | 視座 »