« 写真に写るもの(1) | トップページ | 写真から音楽を聴く »

2012年6月25日 (月)

変化と段階

写真ワークショップの第3期が終わった。自分で勝手に設定しておいて言うのもなんだが、3ヶ月は短い。個性が出てきたところで終わってしまう。でも、ここから先は、グループでやれることにも限界が出てくる。どんどん個々の作品に入っていくからだ。

3ヶ月のワークショップのなかでは、その写真を大きく変化させる人もいれば、そうでもない人もいる。

変化の大きい参加者は、写真を本格的に始めてまだそれほど時間が経っていなくて、しかも写真にたいして好奇心が強い人が多い。その変化は本当に劇的で、傍で見ていて感動さえする。

一方、すでに自分自身の「文体」を持って参加してくる人は、あまり変化しない(私も無理に変えるつもりがない)が、写真にたいする見方を深め、文体を洗練させ、個性に確信を持ってもらうお手伝いができたらと思ってやっている。

変化の大小は、さほど問題ではない。それぞれの段階があるからだ。問題になるのは、(その段階に応じて)どれだけ自分自身がつくりたい写真をつくれるようになっているか、である。

第3期の最終回には、ゲストに尊敬する先輩である小原孝博さんをお呼びして、講評していただいた。小原さんは「すごい」「やられた」「負けた」を連発していた。もちろん、客観的にみて小原さんが負けているわけはないのだが、そう思わせるだけのインパクト、個性のある作品があったということだ。

私自身も、毎回参加者の作品を見て、「これはぜったいに真似できない」と感じることが多々ある。それこそが個性であり才能である。そしてそれを見て私も、もっともっと自分の技を磨いていこうと思うのである。

R1114906

(c) all rights reserved

|

« 写真に写るもの(1) | トップページ | 写真から音楽を聴く »