« ポジションとディレクション | トップページ | Novembre (1) »

2012年10月16日 (火)

カメラと尺八

以前の記事で、私の標準レンズは35ミリレンズで、しかもいまだ使いこなせている感じがしないと書いた。

ついでに言えば、私の標準カメラは、そのレンズをつけた「レンジファインダー」と呼ばれるものがついているカメラで、一眼レフではない。

一眼レフというのはいわば望遠鏡みたいなもので、ファインダーを覗くと、レンズに入ってくる光がそのまま見えるので、正確な画づくりがしやすい。それに対しレンジファインダーというのは、雑に言えば写ルンですの覗き窓みたいなもので、レンズに何が映っているかが分からない。ファインダーに見えているのは「だいたいこんなかんじ」程度の図で、正確なフレーミングができない。

だったら一眼レフのほうがいいんじゃないかといまだ人に言われるし、自分でもそうだよな思うのだが、どうも一眼レフが好きになれない。一眼レフ愛用者が圧倒的に多い中で、私に限ってなぜそれが苦手なのか理由をずっと考えているが、うまく言葉にならない。生理的に苦手、としか言えない(そもそもレンジファインダーカメラがこの世に存在していなかったら、おそらく今でも写真は撮ってなかったと思う)。

それに対し、レンジファインダーをなぜ好きかは、ようやく少々自己分析できるようになった。

ヒントは、意外ながら、尺八にあった。

西洋の楽器が、音を出しやすいように、澄んだ音がでるように進化してきたのに対し、一部の邦楽器は、音をわざと出しづらいように、濁った音が出るように進化(?)してきている。その最たる例が、尺八である。

尺八にはもともと6つの穴があいてた。ところが、あるときから、穴の数が一つ減って5つになった。5つの穴で、6つのときと同じ曲を吹くのであるから、当然技術的には難しい。

だが人は、不便さの先にあったその音色に、さらりと出した音以上の「何か」を聴いたのだろう。

同じようなことを私は、レンジファインダー機と35ミリレンズに感じているのかもしれないと思った。なかなか思うように撮れないが、道具として氣に入っているし、信頼している。根氣よく使い続けていると、たくさんの失敗作の中にときどき、思いもよらぬ「何か」が写っている写真が混じっていて、驚く。

一眼レフやミラーレスのような、はじめから出来上がりの画がファインダーに見えて、100%意図通りに画をつくるタイプのカメラでは感じられない、自分自身の意図やコントロールを超えたものへの驚き。自分で100%コントロールしてないから、自分で撮ったと言う意識も低い。

私は絵を描くときも、油絵のように何度も塗り直しがきくものでなく、水彩画や墨絵のような、乾くまで出来上がりが分からない、やり直しができない類いのものを好む(ちなみに尺八ももちろん好きで、一時期習っていたことがある)。

ある種の不便さのなかから出てくる、ちっぽけな自意識を超えた、一音、一色、一枚への驚きと感動を私は味わいたいのだと、自己分析してみた。

01

|

« ポジションとディレクション | トップページ | Novembre (1) »