« Novembre (3) | トップページ | 引用 »

2012年11月13日 (火)

Novembre (4)

Metropolitan

メトロポリタン1号線をシャトレ駅で降り、
シャンソンの名曲を奏でる路上ギタリストの前を通って4号線に乗り換えようとすると、
プラットフォームに続く地下道で、人々が行列をつくっている。
いっこうに進む気配のない人の群れに加わり、やれやれとコンクリートの壁に寄りかかると、目の前では、
カールした長い髪をルーズに束ね、洒落た黒のワンピースを着る学生風の女が、
少し前に立つ背の高い黒人の男と独り言のような短い会話を交わしたあと、
おもむろにしゃがみこみ、
無造作に書類の詰め込まれた布製のバッグから携帯電話を取り出し、
おそらく遅刻の言い訳であろうメールを慣れた手つきで打つ。
そして、ため息とともに立ち上がり、
いつのまにか増えていた後方の人々の間を
足早に抜けていく。

19/11/2007

Paris06001

La Rotonde

モンパルナスにほど近いいつものカフェの窓際の席に一人座り、
キャフェを一つオーダーする。

外の席にコートを着たまま座る若い男が一人、買ったばかりであろう本を丁寧に袋から取り出し、読み耽る。
やがて交差点に若い女を見つけ、小銭をテーブルの上に置き、荷物を持って駆け寄る。
二人は横断歩道の手前でなにかを話しながら、美味そうにタバコを喰らう。
そして男がおもむろに、女の両頬にキスをする。

目の前の席に座る中年の男二人は、ウェイターに英国訛りのフランス語でワインと食事を二人分注文をすると、お国の言葉で昼間からなにやらギラギラした内容の話をこそこそとする。
食事の後にキャフェを二つ注文し、律儀に会計をしてその場を後にする。

左の通りでは、赤いコートに身を包んだ若い女が一人、手を上げてタクシーをつかまえる。
軽やかに車に乗り込むと、 バッグを開けて中身を確認しながら運転手に行き先を告げる。

走り出した車が見えなくなるころ、私は一人、
かすかに甘い黒くて苦い液体をほんの少しだけすする。

19/11/2007

(c) all rights reserved

**  ***    *  *     * **    *

iTunes Store
Robert Adachi "Novembre" 発売中 (¥1,500)

Novembre_image300

|

« Novembre (3) | トップページ | 引用 »