« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月26日 (金)

影響力

2014年も多くの人の作品を見たし、多くの授業を持った。そこで感じたのは「誰もが影響力を持ち得る。1人の例外もなく」ということだ。

初心者だと謙遜する人の楽しくてしょうがないことが伝わってくる作品を見れば、ベテランは自分ももう一度あのように熱くなりたいと思うかもしれない。

自分は地味なベテランだと思っている人のていねいな作風を見れば、初心者は自分もこのように作品をコントロールできるようになりたいと思うかもしれない。

ユーモアが個性の人に、マジメな人はコンプレックスを感じるかもしれない。

シリアスな作品が得意な人に、軽いタッチのものしかつくれない人はやられたと思うかもしれない。

このように、その人が真剣に取り組んだ作品からは、何かしらの学びや発見があり、周囲の人々はそれに多かれ少なかれ影響を受ける。

私が自分の写真ゼミやクラスでやりたいと思っていることは、その人のもつ影響力を見つけ出し、それをグループでシェアするということだ。

もちろん、私も否定的なことを言ったりもする。だが、誰もが光るものを持っている、誰もが周囲に影響力を持ち得るという前提に立って1人ひとりの作品を見ると、例外なくはっとするものがある。それは非を糾弾する仕事ではなく、声なき声を聞き出す仕事。2015年はもっと代弁ができるように、もっとその声を拡大できるようにしたい。

L1061297

(c) all rights reserved

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »