« 循環〜写真展をつくる(9) | トップページ | 住するところなきを、まず花と知るべし »

2016年1月19日 (火)

2/6「ねむりのコンサート」

最近、よくねむってますか?
親子で楽しんで、ためになる
音楽、レクチャー、絵本読み聞かせ

Jacob3_2

お母さんが妹のアンジェラを連れて隣町のおばあさんの世話に行っているので、今夜は代わりにお父さんがジェイコブに昔話をしてくれています。ぜんぜん眠くならないけど、お父さんを拘束したくなかったので、ジェイコブは目を閉じて寝息を立ててるふりをしました。お父さんはそーっと部屋を出ていきました。


大人と子どもの「ねむりのコンサート」
池上本門寺 朗峰会館
2016/2/6(土)
開場18:00 開演18:30

== - == -- == = - === - -

★食事&ワンドリンク付チケット
¥6,500
小学生以下 ¥2,000
★ワンドリンク付チケット
¥3,500
小学生以下 ¥1,000
※ 要予約

出演
安達ロベルト(ピアノ)
安達直美(お話、朗読)
宮澤 等(チェロ)

池上本門寺 朗峰会館
無料駐車スペース多数あり
東京都大田区池上1-1-1

ご予約お問い合わせは
朗峰(ろうほう)会館 03-3752-3101
または contact[at]robertadachi.com
([at]を半角英字@に書き換えてお送りください)

Sleep003_500

大人にも子どもにも大切な「ねむり」。

でも、どうしたら質の高い睡眠を得られるか、どういうねむりが望ましいのかは、案外知らないものです。

そこでこの「ねむりのコンサート」では、美味しい料理を食べながら、ねむりについてのお話を聞き、ねむりの絵本読み聞かせを楽しみます。

臨場感あるピアノとチェロの生演奏が、お子さまの情緒を育みます。
お子さま連れ大歓迎。

もちろん大人の方だけでも楽しんでいただける内容です。
ぜひいらしてください。

◆ 安達ロベルトによる描き下ろし絵本&書き下ろし音楽については、本番までの間、Facebookで少しずつご紹介していきます。

Sleep010_500_2

☆安達ロベルト
アナログ白黒写真、クラシック作曲、鉛筆画・水彩画という伝統的な技法をベースに、コンテンポラリーかつミニマル、リリカルな語法で「映像、音像、物語」が共生する表現を行う。活動領域は、国内外での写真展や演奏活動から、ミュージカルコメディの脚本作曲演出、絵本、書籍の挿絵、メーカーのオフィシャルイメージ、コンテンポラリーダンスのための音楽、テレビCMにまで及ぶ。

☆安達直美
国内大手航空会社において国際線客室乗務員として勤務後、寝装品メーカーの研究所で主任研究員として睡眠に関わる研究に従事。株式会社エスアンドエーアソシエーツ取締役常務執行役員。睡眠文化戦略コーディネーターを経て、現在職に。リラクセーションおよび眠りに関するコーディネーターとしてエビデンスをもとにユーザー・オリエンテッド・マーケティングに携わる。著書『美人をつくる「眠り」のレッスン』

☆宮澤 等
長野県須坂市出身。 1985年、国立音楽大学卒業。
チェロを小野崎純氏、室内楽を小林道夫氏、ヘルムート・バルト氏に師事。G.クルタークに師事。
1992年オランダ、オルランド・フェスティバル(室内楽)マスターコース合格、オランダ各都市で演奏。
1985年、第18回レンク国際音楽祭(スイス)においてファイナル・コンサート出演など、室内楽奏者として活躍。 ソロ、室内楽を中心に活動するほか、様々なオーケストラの指導等を数多く行う。リサイタル活動も、2002年、王子ホール(銀座)を始め数多く行っている。
2002年より ルーマニア国立ブラショフ・フィルからの招聘で演奏。2003年には同国、国立クライヨーバ芸術大学にてマスター・コースを開催する。
2007年1月、ニューヨーク、カーネギーホールで行われたコンサートは、音楽書評誌 ニューヨーク・レヴューにて ” excellent playing ” と最高の評価をされる。
現在、国立音楽大学嘱託演奏員および同附属音楽高等学校講師。信州大学教育学部音楽科非常勤講師。

|

« 循環〜写真展をつくる(9) | トップページ | 住するところなきを、まず花と知るべし »