« 向いている仕事とは | トップページ | 写真家のトーン〜写真展をつくる(14) »

2016年3月18日 (金)

印画紙の話〜写真展をつくる(13)

たまには「ハードウェア」についての記事を書いてみたいと思います。

6月の写真展に向けて使っている印画紙は、ADOXのMCC110というものです。かつてアグファのブランドで出されていた印画紙と同じ乳剤を使っていると言われています(暗室を始めたばかりの頃、アグファの印画紙を一番多く使っていました)。

実はまとまった展示のために「マルチグレード紙」を使うのは、そうとう久しぶりです(2008年以来?)。近年は「号数紙」か、フィルターと関係ない技法を用いたプリントばかりやっていました。

ご存知ない方のために説明すると、マルチグレード紙というのは、フィルターを使ってコントラストを変えることのできる印画紙、号数紙というのは、あらかじめコントラストが決まっている印画紙のことを指します。

号数紙を使っていたのは、トーンがクリアだからです。でも、MCCにも号数紙に匹敵する抜けのよさがあります。そんなこともあってのマルチグレード紙です。

印画紙が少なくなったと嘆く声をよく聞きますが、それを理由に暗室をやらないのはリサーチ不足。海外からの通販も含めれば、まだまだ種類は多いです(白黒に限りますが)。

プリントに関して私は、「アナログ=銀塩(ゼラチンシルバー)」だとは思っていません。ゼラチンシルバーは、プラチナ、パラジウム、カーボンなど、様々なアナログ白黒写真の技法があるなかの、あくまで1つの技法にすぎないと思っています。

ゼラチンシルバーについては、慣れているし好きではあるものの、プラチナプリントの美しさには敵わないなと長い間思っていました。ところが、数年前、プラチナプリントで有名な栗田紘一郎さんのゼラチンシルバープリントを拝見する機会があり、自分の認識を改めました。なぜなら、栗田さんのゼラチンシルバーは、プラチナに勝るとも劣らない美しさだったからです。

それ以来、プラチナはプラチナ、ゼラチンシルバーはゼラチンシルバー、それぞれの美しさがあって、自分はゼラチンシルバーのそれを追求すればいいのだと思ってやっています。

白黒写真の作品をつくるということは、私にとって、単にカラーをグレースケールに置き換えることではありません。

なぜなら、プリントは「物質」であるからです。プラチナにはプラチナの、シルバーにはシルバーの物質性があって、それが作品の印象を大きく左右します。

うまくできているかどうかは別として、とにかく今は、目の前にあるシルバーを信頼してプリントしています。

更新のお知らせは

Twitter https://twitter.com/robertadachi
Facebook https://www.facebook.com/adachi.robert/

をチェックしてください。

Dark

© all rights reserved

|

« 向いている仕事とは | トップページ | 写真家のトーン〜写真展をつくる(14) »