« 文字とアート | トップページ | 2/14ライヴ「Pray」〜言葉と音楽による »

2016年12月10日 (土)

自己と他者

言語とアートについて考える最終回は「self and others(セルフ&アザーズ=自己と他者)」についてです(敬愛する牛腸茂雄さんの代表作も同タイトル)。

これも初回同様、言葉が先なのか意識が先なのかはわかりません。ともかくも、言葉遣いにおけるセルフとアザーズの扱いが、アートにも現れるのではないか、ということについてお話ししてみたいと思います。

例えば、こんな会話があります。

鈴木「もしもし、わたくし鈴木と申しますが、田中さんいらっしゃいますか?」

佐藤「田中ですね。はい、おります。少々待ちください。」
   「田中さーん、お電話です。」

田中「はいはい。どちらさま?」

佐藤「鈴木さまからです。」

田中「お電話代わりました、田中です。」

鈴木「田中、久しぶり。おれだよ。鈴木。」

田中「おぉ、鈴木。げんきか?」

鈴木「げんきげんき。久しぶりに東京に来たから電話してみた。」

田中「そうか。もし時間あるならうちの会社に寄りなよ。飯でも食おうぜ。」

この会話の中に、日本語の特徴的な点がいくつか出てきます。

1つめは、一人称を使い分ける点。

鈴木さんは、はじめに「わたくし」そのあとに「おれ」と自分を指して言っています。このように日本語の一人称は、状況や立場に応じて変化させて使います。

2つめは、自分の立ち位置に応じて二人称・三人称の言葉のモードを替える点。

佐藤さんは、電話をかけてきた鈴木さんに対しては、同じ会社に属する田中さんを「田中」と呼び捨てにし、目上の田中さんを呼ぶときは「田中さん」としています。

3つめは、自己や他者の「場所」が、人格のように扱われる点。

田中さんは、電話のかけ主を「どちらさま」と呼んでいますし、自分の会社を「うちの会社」と呼んでいます。

これらは、例えば英語なら、それぞれ「who」、「my/our company」です。このような文脈で「どちら=where」、「うちの=in/inside」が使われることはありません。

以上3つの例から言えることは、日本語では、自分や他人がどこに属しているか、「場」が大切にされるということです。自己が他者と比べて「上にいるか下にいるか」、「うちにいるかそとにいるか」で、言語のモードをかえます。

つまり、言葉の上での自己は、絶対的な自己ではなく、状況や立場に応じて変化させる「相対的な自己」です。

私たちはこういうことを日常の様々な局面で瞬時に判断し、「自己」を選び、言葉を選んでいます。それができていないと、「場をわきまえない」「身の程知らず」と、ここでもやはり属している「場」が問われます。

大学生の就職活動アンケートなどでも、「何の仕事がしたいか」以上に、「どこの会社に入りたいか」が面白がられるのも同様の理由からかもしれません。就職後の職種よりも、その会社が何業に属するかということに興味が集まるのも同様です。

ところで、このように普段は自己を扱っている日本人ですが、アートをやるとなると、そこに西洋の「近現代自我」の考え方が入ってきます。

すると、ちょっとした混乱が起きます。

なぜなら、日常生活では場に応じて自己を変化させること(相対的)がよしとされているのに、アートでは、個人のアイデンティティ(絶対的)を確立することが求められるからです。

仕事柄、多くの「アーティスト志望者」と接します。そして、その多くが悩んでいます。私はその悩みの根源的なところに、この混乱があるように感じています。

言い換えればこのようなことです。

「今の自己を変えることでアーティストという他者へ変身したい。」

例えば講評会などでの講評や、先輩から後輩へのアドバイスなどにおいても、初めは作品についてだった批判が、次第にその人の人格にたいする批判になっていくことを経験したことはないでしょうか。これももしかすると、自己は変えられる・自己を変えて適応することがよしとされているこの文化の一側面なのかもしれません。

また、こういう悩みもあります。

「自己と自我の間にギャップがあるように思う。」

必要に迫られて変化を続け、演じ続ける「自己」の奥に、変えることのできない「自我」がある感覚です。その結果、「自分探し」などという、およそ日本的な冒険が行われることになります。

これらの悩みは、西洋で接するアーティストたちの悩みと、微妙だけれども何かが決定的に違うように感じています。

でも私個人は、このような悩める日本人アーティストが、無理して自我に立脚したアートをつくる必要はないと思っています。変化する自己、自我から乖離した自己によるアートをつくればいいのです。

L1000970s

© all rights reserved

|

« 文字とアート | トップページ | 2/14ライヴ「Pray」〜言葉と音楽による »