« 写真を撮ることの楽しさ | トップページ | 写真にまつわる個人的な不思議 »

2017年2月21日 (火)

未知のものにあえて取り組む

ものづくりをしていて、ときどき自らチェックしているのが、知らず知らずのうちによく知っている範囲内で片付けてしまっていないか、ということ。

「知らず知らずに知っている」という矛盾するような言い方だが、作者が未知のものにワクワク、ドキドキして取り組んでいないと、オーディエンスはもっと退屈かもしれない。

仮にそれが、プロデューサーやクライアントの無茶なリクエストに応えるということだとしても(ワクワクじゃなくて、ムカムカかもしれないが)、それは作者にとっては「未知」なわけで、そういうことは案外大切なんじゃないかと思ったりする。

ミュージシャンのヲノサトルさんは、ご自身のブログでこのようなことを書いておられる。

大学で担当する授業で、かつては学生に課す映像制作のテーマを自由にしていた。そのときは「自分自身」をテーマにする学生が多く、観せられる側としては「ああ、こういうセンスなんだ…」としか言いようがなかった。ところが、テーマを「他人」にしたところ、作品ががぜん面白くなった、と。

「『他人』がテーマだと、撮ってる『自分』には理解できない何かが撮影中に発生し始める。そのとき作者=撮り手は何かを考えたり解釈したり、揺らぎ始めざるを得ない。その変化が映像に刻み込まれる。そこが面白い。」

あと、もう1つよくある既知の範囲に収まることと言えば、本人は思いっきりオリジナルの表現をしたつもりなのに、よくあるパターンだったり、誰かのモノマネっぽかったりすること。

これはもう、日頃からどれくらい好奇心を持って未知のものをインプットしているかの問題だ。インプットが少ない人が簡単に思いつくことは案外既にいろんな人がやっているものだ(もちろん例外もあるけどね)。

ちなみに、私が教えてきた範囲を見る限り、未知のこと、新しいことをやろうとすると、何かを「重ねる」というアプローチをする人がけっこういる(レイヤーやエフェクトを重ねるなど)。あとは「あいまいにする」というアプローチ。どちらも別にわるいことではないが、重ねて非現実感出してみました、あいまいにしてアートっぽくしてみました、という「よくあるパターン」に陥る可能性が高い。やるならもっとつっこまないとね。

7s

© all rights reserved

|

« 写真を撮ることの楽しさ | トップページ | 写真にまつわる個人的な不思議 »