« 巨大化した心と知性のようなもの | トップページ | 4/30「慈眼寺」&「さまよえる魂」 »

2017年3月12日 (日)

心と砂糖

父方母方ともに糖尿病を患った者がいるので、私は遺伝的にみると「糖尿のサラブレッド」。血糖値には敏感にならざらるを得ない。さいわいまだなってはいないが、外見を見ただけで糖尿病になりそうな人をなんとなく識別できてしまうくらい関心はある。

世の中に流通しているさまざまな食品に多量の砂糖が含まれることは私を少々ぞっとさせる。なぜなら、人類が地球に誕生して以来、これほどまで多くの糖分を摂ったことがないからだ。

500mlの清涼飲料水(清涼という言葉は誤解を招くのでそろそろやめるべきだと思う)には、たいてい、人が1日に必要とされる糖分の2〜数倍の量が入っている。いっきに飲み干すコー○やカル○スウォーターは、大さじ数杯の砂糖をいっきに食べていることと実質的に変わらない。

某コーヒーチェーンは、コーヒーそのもののアレンジには限界があるので、代わりにいろんな「季節の砂糖」を加えることでバリエーションを出している。売れ線の氷を砕いた飲み物は、ほとんど砂糖と脂肪と水でできている。

ところで、前回の記事で「心」について述べた。そこで、人が文字を使うようになり、脳で思考することが増え、「心」の副作用が顕著になったという安田さんの話を引用したが、そのような人と「心」の関係は、人と砂糖の関係にも重なるのではないか。

ご存知のように、糖分は脳のために必要な成分で、健全な脳の活動には適度な糖分摂取が有効だ。

砂糖は長い間、貴重品だった。「うまい」と「あまい」の語源が一緒と言われるように、砂糖のような高糖の食品を一般の人々が今ほど口にすることはなかった。

それが、近代農業、流通、食産業の発達により、大量生産、大量消費されるようになった。それにより、糖分の過剰摂取、食生活の「糖化」の副作用が顕在化している。そしてそれは、人間の過度な「脳化」の副作用が顕在化するのとほぼ時を同じくしている。

人間の脳化と糖化には、なんらかの因果関係があったりするのだろうか。つまり、人が脳を多く使うようになったから糖が多く消費されるようになったかその逆の関係性、そして、心の病の原因が糖分の摂り過ぎだったりその逆だったりする可能性が。それとも単なる偶然の一致か。

R1116805s

© all rights reserved

|

« 巨大化した心と知性のようなもの | トップページ | 4/30「慈眼寺」&「さまよえる魂」 »