« 写真を作品に変えるヒント | トップページ | 幼少年期にのめり込んだことを今に活かす »

2017年5月 2日 (火)

シンプルなことを徹底的に考える

「慈眼寺」「さまよえる魂」、盛況のうちに終了しました。お越しくださった方、応援くださった方、スタッフの皆さま、俳優のお2人、演奏家のお2人、本当にありがとうございました。

観に来てくれたアーティスト仲間が感想メールをくれたので返事を書いていたら、書きながらいくつかきづきがありました。

まず、私が演劇で生演奏を使うのが好きなのは、画家が画肌を大切にする感覚に近いのかなということ。

生演奏のテクスチャー、レイヤーは、デジタル録音をスピーカーで流すものとずいぶん違います。

画のテクスチャーやレイヤーも、厚みとヴァイブレーションを感じさせ、見る人に身体感覚として伝わります。Photoshopで画肌のテクスチャーを加えた画と、実際に何重にも塗り込んだ画肌では、仮に表面の模様がいっしょでも、まったくちがう印象を持つのが人間です。同じようなことが音楽にも言えるのです。

ちなみに、この画肌の感覚、写真で出すのは、とてもむずかしいのです。少なくとも、紙を高級にしたらいいとか、そういう次元のものではありません。

つぎに、作曲や脚本は私にとって、「記号」をつくる作業ということをあらためて確認しました。その記号は、指揮者や演奏家、演出家や俳優が自由に解釈できます。

作者本人が演出もしているので、さぞ思い通りのものをつくっているだろうと思われがちですが、実はステージで披露されるものは、当初の構想とはけっこうちがうものです。なぜなら、奏者、演者の解釈がそこに加わるからです。

100%コントロールできない、いやむしろコントロールしない、その「委ねる」感覚が、私はすごく好きです。

もちろん、委ねる相手は誰でもいいわけではなくて、この人に委ねたいという演奏家や俳優と組んでやっているわけです。

写真でも同じようなことがあります。それは、プロのプリンターにプリントをお願いするとき。ネガという楽譜をプリンターさんの解釈で演奏してもらう感覚です。私にとって、ネガは複数の解釈が可能な「記号」なのです。

楽譜という記号を演奏家が作曲者の想像を超える音で奏でてくれるように、プリンターさんがその技術で美しいトーンの写真に仕上げてくれるわけです。

もう1つのきづきは、演出は私にとっては料理に似ているかもということ。

レシピと素材を用意して、自分なりの仕上がりの構想を持ちながらも、現場の状況から、火加減、味付け、分量の調整をしつつ、最終的に美味しいと思えるものに仕上げます。

味の好みが人それぞれなのと同じように、演出の好みも人それぞれですので、落としどころの判断はむずかしいのですが、私の場合、料理がそうであるように、演出も比較的大味、あるいはシンプルかもしれません。

そう考えると、自分的に最高のごちそうであり得意料理がおにぎりと味噌汁なので、演出や作品も、それくらいシンプルなものに徹してもいいのかもと思ったりもします。

シンプルなことを徹底的に考える。もうちょっとそういうことをやろうと思いました。

Pilgrim

© all rights reserved

|

« 写真を作品に変えるヒント | トップページ | 幼少年期にのめり込んだことを今に活かす »