« 多く読まれている記事 | トップページ | アナログ回帰の話、ふたたび »

2017年6月12日 (月)

写真の未来と人間の未知な領域

Facebook社のクリス・コックス氏によると、2022年までにインターネットの通信量の75%が動画になるという予測があるそうです。

静止画の写真がなくなることはないでしょうが、情報伝達の目的で静止画が使われる割合は、現在よりぐっと小さくなるのでしょう。

情報伝達の役割が大きかった絵画に、写真の登場とともに、アートとしての役割が増えたように、静止画の写真もそうなっていくのでしょうか。

いま懸命に静止画の写真撮影術を学んでも、その頃には大きく変わっている可能性があります。

また2016年は「VR元年」と言われました。数年前の立体テレビは二千円札と同じくらい普及しませんでしたが、いまのVRの台頭はホンモノのように思います。

静止画、動画、だけでなく、立体映像を一般市民が専門技術なしに撮影できるようになる時代もそう遠くないでしょう。

静止した2次元のものが中心だったアートは、時間軸が加わり、さらには立体化、3次元化していきます。

不思議なもので、人間は視覚と聴覚にまつわる創作をアートと呼び、味覚、嗅覚、触覚はあまりそう呼ばない傾向があります(もちろん芸術的と呼ばれる料理、香水等は多数あります)。

しかし、これからのアートには、残りの3感が積極的に取り入れられていく可能性があるように私は思います。少なくとも、その余地は多分にあります。

現代社会では、視覚、聴覚、そして言語を使う才能(読み書き読解を含め)、運動能力は、小さい頃ころから伸ばそうとしますが、それ以外の感覚にまつわる能力を積極的に伸ばそうとする人は少数です。

味覚、嗅覚、触覚といった、いまの学校教育ではさほど重要視されていないところに能力がある人は当然いるわけで、我々の将来と、全身体的な能力を考えると、もっともっと開発されていいのではないかと私は考えます。

L1014325s

© all rights reserved

|

« 多く読まれている記事 | トップページ | アナログ回帰の話、ふたたび »