« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

料理がネイティヴ言語のシェフ

よく行くレストランのシェフが、メニューにないものもリクエストすると、その通りの料理を出してくれる。どんな食材でも、どんなリクエストにも応えてくれ、しかも一定のクオリティがあるので、もしやと思い訊いてみると、やはり就学前から料理をしていた。料理を仕事にするお母さんのまねをして、幼い頃から自分で料理していたのだという。

彼にとって、料理(味覚)は「言語」なのだ。

私たちが言葉を聞いて、覚え、考え、それをしゃべるように、彼は料理を食べて、覚え、それをつくっていた。私はそれを「味覚の言語をしゃべる」と考える。

味覚で「考える」ことができるから、リクエストしたとき、我々が想像できないレベルでそれを具現化できる。ふつう「考える」というと言葉で考えることを指すが、抽象的なことを考えるように、彼は「味覚で考える」のだと思う。

たとえば、幼い頃から音楽を多く聴き、覚え、演奏してきた人たちは、「音楽が言語」であり、「音楽で考える」ことができる。

視覚で考える人もいる。幼い頃から運動をたくさんやってきた人は身体で考えるんだろう。

もちろん、大人になってから新しい「言語」を身に付けることはできる。しかし、幼少期に身につけた言語と違い、「ネイティヴ」にはならない。

例が適切かわからないが、アグネス・チャンやデーブ・スペクターは、これだけ永い間日本にいて、日本語ペラペラなのに、いまだどこか不自然さがある、そういうことだ。

上述のシェフの料理には一定のクオリティがあると書いたが、それは「味が自然」と言い換えてもいい。ネイティヴがしゃべる言葉のごとく、どんな料理にも違和感がないのだ。

私はいろんな音楽(西洋音楽)の訓練をしてきたが、どうやっても拭いきれない不自然さがあることに以前から氣づいていた。それはたぶん、私が西洋音楽を大人になってから始めた、「ネイティヴ」じゃないからなのだ。

しかし、同じ音楽でも、生まれ育った町で幼い頃から慣れ親しみ、しかもある年齢から自分でも弾くようになった伝統音楽には、同じような不自然さを感じない。

人間には無限の可能性があるとは思うが、一度幼少期に(不必要と脳が判断して)手放したものは、回収できないのである。

ただしこれは、何かをするのにネイティヴじゃなくてはいけないという話ではないので誤解なきよう。感動する話は、ネイティヴじゃなくてもできるし、私はそれをたくさん聞いてきた。

L1014580s_2

(c) all rights reserved

|

2017年7月 1日 (土)

アナログ回帰の話、ふたたび

音楽ではアナログ回帰が進んでいます。ソニーがおよそ30年ぶりにアナログレコードを生産すると発表しました。

楽器でもそうです。

一時期は電子楽器、シンセサイザーといえばデジタルだったのが、近年次々にアナログシンセサイザーやドラムマシンが発表されています。

完全なアナログ制御も多いのですが、オシレーター(発信器)はアナログで、それを制御するのはデジタル、あるいはその逆、というのも多く見られます。

アナログ楽器が好きな人は共通して、音が「太い(fat)」、「豊か(rich)」だと言います。音に存在感があるから、薄いトーンのPadなんかにしても、アナログシンセはしっかり聞こえるわけです。

写真はどうでしょう。

広義のフォトグラフィーでは、アナログ回帰は相当進んでいます。

デジカメ生産国日本のだんだん小さくなって行く量販店のアナログ写真コーナーを見ている限りあまりピンときませんが、世界的にはそうです。

アジア圏全般のアナログ写真人氣はしばらく続くでしょう(一部のフィルムカメラは数年前の2〜3倍くらいの値段で売り買いされています)し、ヨーロッパではモノクロ関連の感材の売り上げが伸びています。新しいフィルムも昨年と今年だけで何種類も発売されています。

加えて、ハリウッド映画が近年、積極的にフィルムで撮影されていることも追い風です。

また、先日ハイブリッド(デジタル+アナログ)インスタントカメラが発売されました。永嶋さんが開発したDGSMプリントもハイブリッドです。

写真でアナログというと、およそフィルムと印画紙なわけですが、もしかするとまだ誰も発見していない別なアナログ形式というのものが見つかるかもしれません。あるいは新しいハイブリッドのかたちが。

個人的にはまたたのしみな時代になってきました。

_1122603

© all rights reserved

|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »