« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月 1日 (土)

アナログ回帰の話、ふたたび

音楽ではアナログ回帰が進んでいます。ソニーがおよそ30年ぶりにアナログレコードを生産すると発表しました。

楽器でもそうです。

一時期は電子楽器、シンセサイザーといえばデジタルだったのが、近年次々にアナログシンセサイザーやドラムマシンが発表されています。

完全なアナログ制御も多いのですが、オシレーター(発信器)はアナログで、それを制御するのはデジタル、あるいはその逆、というのも多く見られます。

アナログ楽器が好きな人は共通して、音が「太い(fat)」、「豊か(rich)」だと言います。音に存在感があるから、薄いトーンのPadなんかにしても、アナログシンセはしっかり聞こえるわけです。

写真はどうでしょう。

広義のフォトグラフィーでは、アナログ回帰は相当進んでいます。

デジカメ生産国日本のだんだん小さくなって行く量販店のアナログ写真コーナーを見ている限りあまりピンときませんが、世界的にはそうです。

アジア圏全般のアナログ写真人氣はしばらく続くでしょう(一部のフィルムカメラは数年前の2〜3倍くらいの値段で売り買いされています)し、ヨーロッパではモノクロ関連の感材の売り上げが伸びています。新しいフィルムも昨年と今年だけで何種類も発売されています。

加えて、ハリウッド映画が近年、積極的にフィルムで撮影されていることも追い風です。

また、先日ハイブリッド(デジタル+アナログ)インスタントカメラが発売されました。永嶋さんが開発したDGSMプリントもハイブリッドです。

写真でアナログというと、およそフィルムと印画紙なわけですが、もしかするとまだ誰も発見していない別なアナログ形式というのものが見つかるかもしれません。あるいは新しいハイブリッドのかたちが。

個人的にはまたたのしみな時代になってきました。

_1122603

© all rights reserved

|

« 2017年6月 | トップページ