« アナログ回帰の話、ふたたび | トップページ | 待つということ »

2017年7月27日 (木)

料理がネイティヴ言語のシェフ

よく行くレストランのシェフが、メニューにないものもリクエストすると、その通りの料理を出してくれる。どんな食材でも、どんなリクエストにも応えてくれ、しかも一定のクオリティがあるので、もしやと思い訊いてみると、やはり就学前から料理をしていた。料理を仕事にするお母さんのまねをして、幼い頃から自分で料理していたのだという。

彼にとって、料理(味覚)は「言語」なのだ。

私たちが言葉を聞いて、覚え、考え、それをしゃべるように、彼は料理を食べて、覚え、それをつくっていた。私はそれを「味覚の言語をしゃべる」と考える。

味覚で「考える」ことができるから、リクエストしたとき、我々が想像できないレベルでそれを具現化できる。ふつう「考える」というと言葉で考えることを指すが、抽象的なことを考えるように、彼は「味覚で考える」のだと思う。

たとえば、幼い頃から音楽を多く聴き、覚え、演奏してきた人たちは、「音楽が言語」であり、「音楽で考える」ことができる。

視覚で考える人もいる。幼い頃から運動をたくさんやってきた人は身体で考えるんだろう。

もちろん、大人になってから新しい「言語」を身に付けることはできる。しかし、幼少期に身につけた言語と違い、「ネイティヴ」にはならない。

例が適切かわからないが、アグネス・チャンやデーブ・スペクターは、これだけ永い間日本にいて、日本語ペラペラなのに、いまだどこか不自然さがある、そういうことだ。

上述のシェフの料理には一定のクオリティがあると書いたが、それは「味が自然」と言い換えてもいい。ネイティヴがしゃべる言葉のごとく、どんな料理にも違和感がないのだ。

私はいろんな音楽(西洋音楽)の訓練をしてきたが、どうやっても拭いきれない不自然さがあることに以前から氣づいていた。それはたぶん、私が西洋音楽を大人になってから始めた、「ネイティヴ」じゃないからなのだ。

しかし、同じ音楽でも、生まれ育った町で幼い頃から慣れ親しみ、しかもある年齢から自分でも弾くようになった伝統音楽には、同じような不自然さを感じない。

人間には無限の可能性があるとは思うが、一度幼少期に(不必要と脳が判断して)手放したものは、回収できないのである。

ただしこれは、何かをするのにネイティヴじゃなくてはいけないという話ではないので誤解なきよう。感動する話は、ネイティヴじゃなくてもできるし、私はそれをたくさん聞いてきた。

L1014580s_2

(c) all rights reserved

|

« アナログ回帰の話、ふたたび | トップページ | 待つということ »