« 安達ロベルトアカデミー | トップページ | 機材の話 »

2018年5月16日 (水)

影響を受けたスナップシューター

先月行われたGR meetでワークショップの講師をやった際、参加者と原宿の街を撮り歩きしました。

そのときある参加者に指摘されたのが、私が姿勢を低くして撮影することが多いこと。理由はあって、「あるYouTuberの影響で」と説明しました。

その人がこちら、Eduardo Pavez Goyeさん。

彼のスナップが好きで、一時期よくこのチャンネルを観ていました。たしか前にも一度紹介しましたね(してない?)。

人物の個性がよくわかるスナップを撮ります。しかも少ない撮影枚数で。その確率たるや、希有な才能だと思います。

動画を観るとわかりますが、彼はよくしゃがんで撮ります。日常の大人の視点よりも低いので、街が新鮮に見えます。

写真撮影関係のYouTubeはあまり観ないのですが(プリント技法などはよく観ます)、また機会があればご紹介します。

|

« 安達ロベルトアカデミー | トップページ | 機材の話 »