« 英語ブログ | トップページ

2018年7月27日 (金)

つくる時間帯

文を書く仕事は午前中にすることに決めている(厳密に決めているわけじゃないけれど)。

それは、朝のほうが、「正しい」言葉が、はっきりわかるからだ。正しいというのは、文法が正しいとかだけじゃなくて、ふさわしいとか、力があるとか、そういう感じ。

それが午後になると、午前中のようにクリアに言葉のエネルギーを認識できなくなる。単語どうしがクリックしているかどうか、流れがちゃんとできているか、判断があいまいになる。不思議だけど。

夜に文章を書く人も多い。自分もたまにやるが、朝のようにはうまく書けない。

村上春樹さんの文章があれほど緻密で正しくてネチネチしているのは、朝書いているからだと思う(私も夜に書けばもう少しいい加減な文になってかえっていいのかもね!)。

最近翻訳の仕事を少ししていて、それも午前中にやっている(余談だが、日本語から英語に訳すとき、a, theの冠詞は難しい。大学でお世話になった私より日本に長く住んで日本語完璧だったスペイン人の先生も、助詞の「は」「が」だけはよく間違えていた。それと似ていると思う)。

写真も、朝、とくに夜明け前後に撮る写真はうまくいくことが多い。空氣が澄んでいて、光がきれいだからだろうが、個人的には、写真の神様が早起きしたご褒美をくれてるんだと信じたい。

音楽は、日が出ていないときのほうが、粒がはっきり聞こえる。夜観ていたテレビのボリュームが、朝つけると小さく感じるのも、夜のほうが音がはっきり聞こえるからだろう。

若いころ、「夜の音楽」に憧れて、夜に作曲しようとした。だが、とにかく眠くてほとんどまったくつくれなかった。今は歳をとって少しは書けるようになったかな。

L1010133

© all rights reserved

|

« 英語ブログ | トップページ