« つくる時間帯 | トップページ | 目的語と型と写真 »

2018年9月20日 (木)

トーン、輪郭、レイヤー、強度

ここのところ、写真、音楽(作曲)、動画、絵画(水彩)、執筆(原稿、翻訳)など、文字通りメディアを超えて仕事している。

振り返ってみると、どの媒体に携わっていても、いま一番最初に関心のあるのが、「トーン」だということに氣づいた。

写真なら色、コントラスト、明瞭度などだし、音楽なら音色(シンセサイザーで音づくりをたくさんやっている)、水彩画なら絵の具をミックスさせることでつくる色味だし、文章を書いていても、文体以前のトーンに関心がある。

でも、トーンだけでは人に伝えることができないので、それに「輪郭」を与える。

輪郭とは、写真や絵画ならモチーフだし、音楽ではメロディや波形、文章なら題材だろうか(かつての自分は今とちょっと違っていて、トーンよりも輪郭に興味があったように思う。何を撮るか何を描くか、どんなメロディを書くか、何について書くか)。

次に、レイヤーを与える。

レイヤーが、作品に奥行きと深みを与えるのだが、これを仮に上記の輪郭のように左脳で論理的に考えてしまうと、とたんにウソっぽくなるという、きわめて感覚的なものだと思っている。

そして最後に(実際は「同時に」なのだが)「強度」を与える。

強度を感じるポイントはその人の生きてきた環境や好みによって大きく違う。だから、自分の好みに反するところに強度のある作品を人は生理的に嫌だなどと感じることも多い。しかし、これはカフェラテやカプチーノでいえばエスプレッソにあたる部分にあるものだから、好き嫌い言われるのを覚悟で、しっかりと自分の好みを反映させないといけない。

* * ** *** *

前回好評だった「安達ロベルトアカデミー 入門編」が10/8に神戸で開かれます。私が日々創作するなかで身につけてきた、このような「知恵のようなもの」を可能な限りお伝えします。

そして、あなた自身が、内側から自分だけの知恵を発見できるものにもしたいと思っています。

関西以外の方もちょっとだけがんばれば参加できますので、興味がある方、迷っている方は思い切って参加してみてください。

** * *

たのしく、でも少しだけ影響を受けながら写真撮影をしたいという方は、「ぶらりカメラ散歩」にぜひ。写真って、1人で撮ってると内向きになりがちですが、写真でたくさん発信したい方、もっと発見したい方は、誰かといっしょに撮るとたくさんいいことありますよ。

* *** * *

そして、いま世界的にやる人が増えているモノクロフィルムの超入門「はじめてのモノクロフィルムワークショップ」もやります。受けておくと安心です。今さら人に聞けないこともここではOK。

P1065578s

© all rights reserved

|

« つくる時間帯 | トップページ | 目的語と型と写真 »