人を撮る

2012年4月 2日 (月)

友情

先日、個人の写真をパーソナルなギフトとして撮影する「Photo For You」というプロジェクトの一環として、東京芸大で学ぶミャンマー人のハープ奏者を撮影した。

実は彼女とは2004年にラオスで行われたASEANユースキャンプという、東南アジアの若い芸術家の集いに一緒に参加していた。

私は日本側のリーダー(引率者)として参加していて、多くの若い友人がアジア中にできたのだが、そのなかでも飛び抜けて人なつっこかった彼女は、非常に印象的に残っていた。

Su005_2

その数年後「日本に留学する」という連絡が彼女から来た。国では既にトップ奏者の一人である彼女が、いったいに日本に何を学びにくるのかと思ったが、演奏ではなく、音楽学の修士と博士を取ると聞いて納得した。音楽で博士号を持っている人がまだミャンマーにはいないということで、おそらく相当期待されての国費留学だ。

修士を取り終え、4月からまた博士課程に入る彼女に、写真を撮ってほしいと依頼を受けた。私のほうからリクエストして、式がある日に、学校で撮ることにした。

私も以前、異国に留学したことがあるから、これまでの彼女の孤独と困難はよく分かる。それを持ち前の明るさで乗り越えてきている彼女は、文字通りこれから祖国の音楽を背負っていくのだろう。

Su003

(c) all rights reserved

|

2012年2月 5日 (日)

人を撮ること

本格的に写真を撮るようになったばかりの頃、カルティエ=ブレッソン、木村伊兵衛両氏のパリの写真や、土門拳氏の昭和少年少女の写真らを目標に、見知らぬ人々のいわゆる決定的瞬間スナップばかりを狙っていた。彼らの面白い表情や動作をフィルムに収めることができるかどうか、それをいかに画にすることがきるかが、大きな目標だった。

しかし、あるときからそういう写真への興味が急速に失せていった。

それは、あるきっかけで(これについては機会があれば述べてみたい)あらためて自分が撮ったそのようなイメージを客観的に見たとき、被写体への感動や共感が希薄で、「面白い」、「画になっている」以外なんら魅力がなく、自分が「作品として」そのような写真を撮る意味が、まったく感じられなかったからだ。とくにそれをプリントにしたとき、自分のプライベートな空間に飾りたいか、自分がギャラリーの客ならそれを購入したいかと自らに問うたとき、答えは明白であった。

だからといって、上記の巨匠への評価が変わったのかと言えば決してそうではない。むしろ自分が撮れなくなった分、彼らへのリスペクとが増したと言ってもいい。あくまで私個人が撮り手として、そういう写真を撮り続ける意義が感じられなくなったということである。

私がネットで人物写真をあまり公表しないことには、肖像権や契約上の制限もあるのだが、それと同程度に、このような背景がある。

その後年月も流れ、個人的な生活においても社会においても大きな変化がいくつかあり、私の考えも変わってきた。一度歌わなくなった歌手がやはり歌を諦めきれないように私も再び、人が撮りたいと強く願うようになってきた。だがそれは、見知らぬ人のスナップではなく、家族や友人、あるいは私が撮りたいと願う人、または私に撮ってほしいと願う人の写真である。

子どもを持ち、さらには311を経て、写真というものの位置づけが、自分のなかでシフトした。アートあるいは表現としての写真だけでなく、想い出を美しく定着させるための写真というものが、少しずつ大きな意味を持つようになってきたのだ。

震災で家族を失った友人もいるし、瓦礫から出てきた写真を洗浄するボランティアをする写真仲間もいる。彼らにとって、震災を経て残った写真は、特別な意味を持つ。印画紙に定着したイメージが美しければ美しいほど、記憶も美しいものとして想い出されるだろう。

Photo For You >>

Hide005

(c) all rights reserved

|