写真と音楽

2017年7月 1日 (土)

アナログ回帰の話、ふたたび

音楽ではアナログ回帰が進んでいます。ソニーがおよそ30年ぶりにアナログレコードを生産すると発表しました。

楽器でもそうです。

一時期は電子楽器、シンセサイザーといえばデジタルだったのが、近年次々にアナログシンセサイザーやドラムマシンが発表されています。

完全なアナログ制御も多いのですが、オシレーター(発信器)はアナログで、それを制御するのはデジタル、あるいはその逆、というのも多く見られます。

アナログ楽器が好きな人は共通して、音が「太い(fat)」、「豊か(rich)」だと言います。音に存在感があるから、薄いトーンのPadなんかにしても、アナログシンセはしっかり聞こえるわけです。

写真はどうでしょう。

広義のフォトグラフィーでは、アナログ回帰は相当進んでいます。

デジカメ生産国日本のだんだん小さくなって行く量販店のアナログ写真コーナーを見ている限りあまりピンときませんが、世界的にはそうです。

アジア圏全般のアナログ写真人氣はしばらく続くでしょう(一部のフィルムカメラは数年前の2〜3倍くらいの値段で売り買いされています)し、ヨーロッパではモノクロ関連の感材の売り上げが伸びています。新しいフィルムも昨年と今年だけで何種類も発売されています。

加えて、ハリウッド映画が近年、積極的にフィルムで撮影されていることも追い風です。

また、先日ハイブリッド(デジタル+アナログ)インスタントカメラが発売されました。永嶋さんが開発したDGSMプリントもハイブリッドです。

写真でアナログというと、およそフィルムと印画紙なわけですが、もしかするとまだ誰も発見していない別なアナログ形式というのものが見つかるかもしれません。あるいは新しいハイブリッドのかたちが。

個人的にはまたたのしみな時代になってきました。

_1122603

© all rights reserved

|

2017年2月 8日 (水)

アナログ回帰、ハードウェア回帰

音楽では今、アナログ回帰、ハードウェア回帰が盛んだ。それはヴァイナル(アナログレコード)に限らない。シンセサイザー、ドラムマシン、サンプラーなどのも電子楽器も、アナログ楽器、ハードウェア楽器に回帰している。

一時期はPCにインストールするソフトウェア楽器が、すべてのハードウェア楽器に置き換わる勢いだった。ところがここ数年、かつてアナログ/ハードウェア電子楽器の名機をつくり世界の音楽に強いインパクトを残したこの人の会社も、この会社も、往年の勢いを取り戻しつつあるように見える。

理由はシンプル。つくりだす音に存在感があること、そして、「楽器」として演奏ができること。

私もここのところずっと、生楽器を使うとき以外は、ソフトウェアですべて完結させるようなことをやっていた。だが、むかし使っていたハードウェアサンプラーのような存在感がある音をどうもつくれないでいた。

また、ライヴのステージで、MacBookとマウスだけでこちょこちょやるより、フィジカルなツマミを回しながら音をつくっていくほうが、やるほうも観るほうも圧倒的に面白い。だから、回帰傾向の理由はよくわかる。

では写真(フォトグラフィー)はどうか。こちらにもアナログ、フィジカル回帰の傾向はある。

例えば、コダックの8ミリカメラ。米国の映画産業が再びフィルムを使い出していることが追い風になっているのか、コンシューマーレベルにまでアナログフィルムが戻りつつある。ポジフィルムのE100も復活する。

あと、こんなクールな4x5カメラとか、新しいインスタント55フィルムも出てきた。

アナログ〜デジタルの推移は、たいがい音楽のほうが写真よりちょっとだけ先行している。その意味で、もしかすると音楽のトレンドは、写真の商品開発の参考になることがあるのではないかと思っている。

例えば、電子楽器にあるアナログ・デジタルのハイブリッドが、写真機器でもできるんじゃないかとか、かつてのアナログ楽器の名機を外見と音質両方で再現したこれに近いようなことが、ソフトウェア技術を使えば写真機器でももっとつっこんだかたちでつくれるんじゃないかとか。

L1012722s

Pray 〜世界に魅せられた者たちのライヴ6
2/14 南青山マンダラ
https://www.facebook.com/events/1822434091348916/

あなたのご来場がこのブログのサポートにもなります。

© all rights reserved 

 

|

2017年2月 6日 (月)

音楽と写真の一番大切な共通項

音楽と写真の共通項についてはこれまで雑誌なども含め何度も述べてきた。例えば、うまく撮ったつもりの写真がなんとなくピンとこない場合など、音楽に置き換えて考えたり、その逆をやったりすると、ああこの要素が欠けているんだと客観視できる。

なかでもとくに大切だと思う共通項が、「メロディ・ハーモニー・リズム」という音楽の3要素に呼応する「モチーフ・トーン・構図」。

音楽のメロディは、写真のモチーフに相当すると思う。具体的なメロディやモチーフもあれば、抽象的なものもある。

ハーモニーは、トーン(色、光)に当たる。

リズムは構図に似ていると思う。リズム感や構図感というのはセンス(あまり使いたくない表現だけど)に負うところが大きくて、ノリがいいリズムを自然に叩けるドラマーとか、クールな構図を自然につくれるフォトグラファーが世の中にはいる。

これら3つの要素が満足のいくかたちで合わさって、はじめて作品の原型ができる。だから、例えばすごくおもしろいモチーフを撮影したんだけど光の感じが今ひとつの写真は、自分の場合、容赦なくボツにするかな。

L1012725s

Pray 〜世界に魅せられた者たちのライヴ6
2/14 南青山マンダラ
https://www.facebook.com/events/1822434091348916/

あなたのご来場がこのブログのサポートにもなります。

© all rights reserved 

|

2016年11月21日 (月)

コンポジションライブ2016

R&Vコンポジションライブ2016、無事終了しました。お越しくださった方、応援くださった方、かっこよかったゲストの方々、すばらしいメンバー、そして、温かく支えてくれたアツコバルーの皆さまに感謝申し上げます。

昨年発足したこのグループ、同じ「写真と音楽」をコンセプトにしながらも、今年は同じことを繰り返したくはありませんでした。

昨年は写真をもとに音楽をつくったのに対し、今年は音楽をもとに写真をつくりました。

さらには、普段私が音楽でやっている「ライブ」のたのしさを、メンバーとお客さまに「写真」で味わってもらってもらおうと、フォトシネマをつくり、ライブシューティングをやりました。

これからも、もっともっと面白いと思うこと、新しいこと、実験的なことをやっていきたいと思います。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

ところで、今年はメンバーの間で、「アートフォーム」について多く議論しました。

アートとは何か、アートとはどういうかたちのものか、100人に訊けば100通りの答えが返ってきます。

私個人はといえば、今つくりだすアートには、新鮮さ、なんらかの驚きが含まれていなければならないと考えています。

その意味で、アートのかたちについても、自由に発想したいですし、可能性は常にオープンでありたいものです。

Img_4362

© all rights reserved

|

2016年11月13日 (日)

写真と音楽で世界を再定義する

11/18〜20に渋谷・松濤にあるアツコバルーで、主宰をしているグループ、リズムズ&ビジョンズの「コンポジション・ライブ2016」を行います。

年頭から準備を始め、いよいよお披露目となります。

https://www.facebook.com/events/347014785690260/

会場でお待ちしております。

目玉は4つ。

1)展示

音楽から着想した写真をインスタグラムにアップするという活動をしてきました。その全貌をお見せします。

きっちり額装した作品はもちろん、ギャラリストさんも「攻めてますねー」と驚いたユニークな作品もあります。どうぞおたのしみに。

2)ライブシューティング

敬愛する写真家・鈴木光雄さんによるライブシューティングが19日と20日にあります。これまで本当に様々な被写体と対峙してきた鈴木さんの撮影を生で観られる貴重な機会です。

3)音楽ライブ

19日はゲストにshiba@FreedomSunsetさんをお迎えします。shibaさんには、インスタグラムの音源でもお世話になりました。当日はフルアコースティック(たぶん)のフリージャズ。その様子を鈴木光雄さんが撮影。豪華なコラボです。18と20は私のライブです。ここではR&V2016の「テーマ曲」を演奏します。アツコバルーには今年もグランドピアノが入りますよ。

4)フォトシネマ

今回はメンバー全員でつくりあげた写真によるショートムービー「フォトシネマ」を2本発表します。本田光 作「ひかりのまち」、安達ロベルト作「5 Days」。前者は小説の読みかかせを聴いているかのようなナラティブな作品、後者はラブコメディです。

|

2016年8月30日 (火)

リハーサルだん

9/1ライヴ「鳥のしるし」に向け、本日リハーサルを終えました。

宮澤さんのチェロ、あいかわらず美しく、弾くのをやめて聴きたくなりました。

千秋さんのヴァイオリン、透明感があって、これぞいま私が欲している音色。

今回のライヴは、写真、映像、音楽、効果音、肉声の実験。本番でどんな盛り上がりを体験できるか、楽しみです。

でも、「盛り上がり」と言っても、大部分が、客席にいらっしゃる皆さまの集中力と想像力に頼る静かな盛り上がりです(私はこの類いの緊張感がすごく好きなんです)。

さらに当日は、新暦と旧暦の1日が重なる珍しい日で、かつ、新月で日蝕もあるそうです。新しいことを始めるのに絶好の日。

ちなみに、公演自体は具体的なストーリーのない抽象的な展開ですが、そのベースになっているは、ネイティヴ・アメリカンの天地創造の神話です。

残りの準備時間、ギリギリまでライヴ内容を更新していきます。お楽しみに。

https://www.facebook.com/events/1155603597832899/

Three_480

|

2016年8月29日 (月)

9/1予告動画3〜5

全曲書き下ろし。撮影はすべてライカです。

|

2016年8月15日 (月)

行き先の分からないまま

近年、写真と音楽をつかった新しい表現をつくろうと、以前に増して精力的に取り組んでいます。

でもそれは、音楽と写真の「融合」というわけではありあせん。

うまく言えないのですが、1人の人間がつくるとこうなるみたいな、なんといいますか、もっと「かたまり」のようなものです。

1人のソングライターが歌詞と曲の両方をつくることと似ているかもしれません。分業はもちろん普通にありです。でも、1人が両方を同時につくることの必然、同時に生まれてくることの必然みたいなものも、別なところにはあるように思うのです。そんなつもりでやっています。

しかもそういうことは、あまり他の人にはできないことでもあるので、天や親からいただいた能力をフルに使って還元したいという思いもあります。

その1つのかたちを、9/1に南青山マンダラで発表します。

写真、映像、ライヴサウンドトラック、です。

ライカで撮った写真と動画。
ヴァイオリン、チェロ、ピアノによるミニマルな音楽。
自然音、都市の音からつくった音響。
肉声による言葉。

行き先の分からないまま見えない力に導かれるようにつくっています。洗練されていない、荒削りな作品です。つっこみどころ満載でしょう。

でも、だからこそ、応援くださっている皆さんに観て聴いていただきたいです。

「鳥のしるし」と題したこの作品には、映画のような物語があるわけではありません。どちらかと言えば、抽象的です。皆さんのイマジネーションに少しだけ頼らせてもらいます。

↓ そのようすが少しわかる動画がこちらです。

予告動画その1
https://youtu.be/I_MLl5ZAwE4

予告動画その2
https://youtu.be/m1xB-tOrx0I

↓詳細はこちら
http://robert.cocolog-nifty.com/focus/2016/08/post-199f.html

L1007384_480

(c) all rights reserved

|

2016年8月12日 (金)

鳥のしるし 予告動画 その2

「鳥のしるし」予告編その2。

今回は、曲ではなく、サウンド。

静止画でなく、動画。

ご覧ください。

|

2016年8月 9日 (火)

鳥のしるし 予告動画

9/1@南青山マンダラ
写真、映像、ライヴ・サウンドトラック
「鳥のしるし」
詳細はこちら

|