脚本・作曲・演出

2017年3月15日 (水)

4/30「慈眼寺」&「さまよえる魂」

<新作「慈眼寺」&再々再々再々演コメディ「さまよえる魂」>

佐々淑子 かねこはりい
宮澤 等(Vc) 真木恭子(Pf)
安達ロベルト(脚本, 作曲, 演出, Key)

生の芝居、生の音楽。そこに客席のエネルギーが加わると、、、。

再々再々再々演には、理由があります。

2017年4月30日(日)
※ 1日2回公演
1st】 開場13:00 開演14:00 
2nd】 開場18:00 開演19:00 

各公演¥3,000 +1drink別

南青山マンダラ
http://www.mandala.gr.jp/aoyama/
107-0062 東京都港区南青山3丁目2-2 MRビルB1
Phone: 03-5474-0411 Fax: 03-5474-0412

★ ご予約・お問合せ
contact@robertadachi.com

★ チケット好評発売中
南青山マンダラ 03-5474-0411

☆☆ お叱りの声、続々と ☆☆

「最後の展開わかってたのに泣いてしまった。くやしい」

「生演奏はずるい」

「サン=サーンス『白鳥』の原曲を思い出せなくなってしまった」

Facebook1920

◆◆ 音楽劇「慈眼寺(じげんじ)」◆◆

時は幕末。新しい国をつくろうとする朝廷軍と、武士の世をつづけようとする幕府軍が衝突。越後長岡藩の家老・河井継之助は、双方から味方に付くよう迫られる。その後の悲惨な戦に突入するきっかけになったとされる小千谷談判で、継之助は何をしようとしたのか。安達ロベルト初の時代物。

◆◆ 音楽喜劇「さまよえる魂」◆◆

居眠りから目覚めた健介が、妻・ツルとの半生を歌って踊って振り返る。クライマックスは孫・健太郎の結婚式。十八番の「八郎潟音頭」を歌ってご機嫌な健介に、なして恥かかせたと怒るツル。さあ、皆さまご一緒に。好評のコメディ、再々再々再々演。

|